© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

WHOLE TREAT

Day Spa

KYOTO

KYOTO 西陣

静かな佇まいの町家

​心と体のリフレッシュに

 

  • Nagisa goto Teshima

アマゾンから戻ってきた友人と会ったら、自分のエネルギーの在り方に目覚めた話




こんにちは。

後藤手島渚です。


昨日から京都に来ています。

京都は東京よりも寒い!今年は特別冷えていると感じます。


さて、昨日は、アマゾンから戻ってきていた友人yumiちゃんに会いました。


恵比寿の素敵なNY風モロカンフードのカフェに行きました。

ん?恵比寿、NY、モロッコ、アマゾン…なんとも不思議な組み合わせですね。


それはさておき、キラキラした大人女子が大好きそうな、フォトジェニック&ヘルシーメニューなカフェで、

アマゾンのシャーマンやメディスンの話、yumiちゃんの今後のビジョン、わたしたち夫婦の浜松移住計画の話など、お互いの近況報告をしました。おっと、やっぱり不思議なわたしたち💛う、浮いてる…



わたしはyumiちゃんのFacebookをフォローしてるので、現地の様子を垣間見ていましたが、自然優勢の世界での生活によって、なんだか一段と、目の強さが増した彼女。


「なんかもう日本なんかには住めないんじゃない?」ってダーリンは言ってたけど、もともとがシティガールだからか、現代にしっかりグラウディングしてるからか、アマゾンに行ったからと行って、世捨て人みたいにはなっていませんでした。

なんかむしろ研ぎ澄まされて、冷静な様子が、すごくかっこよかった。


わたしには、その佇まいが、磨かれたパワーストーンっていうかクリスタルみたいに映り、冷たい新鮮な風が彼女のほうから漂ってくるように感じました。


神社とかに行くとちょっとそういうの感じるときがありますよね。


現地のシャーマンに騙されたり、失望したり、いろいろなことがあったみたいだけど、いまは、とても有名なシャーマンのもとで修行をしているらしく、目も肌もぴかぴかだった。


ベジバーガーを注文したから、「やっぱり食事はベジ?」って聞いたら(素朴な疑問)

「いや、日本、野菜がおいしくてさぁ。向こうは、野菜が食べられないから」と意外な答え…

そうか、食べられる植物はあんまりないんだ…。


体力が必要だから、毎日肉を食べるそうです。


ランチを終えて、たまたま恵比寿でミーティングしていたダーリンのギャラリー、G/P garalleyへ。


ファッションフォトグラファーとして有名な磯部昭子さんの展示と、個展自体は終わっちゃったけど、展示替え中の細倉真弓さんの展示を見せてもらえました。


どちらも好きです。

かっこいい。

細倉さんのは終わってしまいましたが、磯部さんのは今月末までやっています。






ところで、

日本に帰ってきた感想をyumiちゃんに聞いたら、「ほんときれいだよね」とのこと。

人間優先の世界。

快適さを求め、それが作られてきた社会。

しかも、そこでみんなが揉め事なく暮らしていることにも驚き、なんだそう。


日本人は、子供のころから「人に迷惑をかけないように」生きるようにずっと言われてきたからね、

とわたしが言ったら、

「そうだよね。だからやっぱりストレスかかるよね」

「ほんとそうだね」


ほんとにそう。

でも、人間同士が仲良くするのだってもちろん大切なことだと思います。

自然と協力して、人間ものびのびと生きていけたら、いいのにね。

そんな風に生きることが難しくなってしまっている日本だけど、まだ、

ここはゴールでは、ないから。

未来に期待しよう。

そしてとにかく今を大切に生きよう。


アマゾンは植物がとにかく面白いらしいので、yumiちゃんたちがいる間に行ってみたいなあと思います。

すごくいい香りのものや、

もちろんいろんなメディスンに使われるものや、種類も豊富らしい。

植物には意思があり、根っこでコミュニケーションをとっているそう。


ほんの2時間くらいいっしょに居ただけだけど、なんだか彼女との再会は、

わたしに大きな変化を与えたようで、


急にいろいろなことがクリアになり、人のことが気にならなくなり、「こんなエネルギー体でいたい」っていうイメージが湧いてきました。

人間もエネルギー体なのだということを、強く感じて…


そんなことを、メッセージ送ったら、ダラスの空港から、返事がきました。


こんど会うときが楽しみだなあ。


働き方についても、彼女の考えは自由だった。わたしももともとそういうタイプだけど、改めて、何のために生きるのか?そして何のために働く?

ということに思い馳せました。

どんな人も自由に生きられるよ、自分のビジョン、それがあれば。

どんな自分でいたい?


地球の裏側から、美しく強くなってカムバックし、また颯爽と戻って行った彼女から、そんなメッセージを受け取った気がしたのです。


彼女のアマゾンライフが知りたいかたは、こちらから。「nagisaのブログ見た」と言ってもらうと怪しくないかも。

https://www.facebook.com/656415383



Nagisa goto Teshima







121回の閲覧