© 2023 by Glorify. Proudly created with Wix.com

WHOLE TREAT

Day Spa

KYOTO

KYOTO 西陣

静かな佇まいの町家

​心と体のリフレッシュに

 

  • Nagisa goto Teshima

運のいい人は知っている

こんにちは。

後藤手島渚です。


昨日新幹線で、京都から浜松へ移動しました。

先に駅に着いた夫が、JR京都伊勢丹のSUVACOでお弁当買っといてくれたので、新幹線はピクニック状態に~笑


昔ながらのお弁当?っていうお弁当、なかなかおいしかったです。


さて、わたしたち夫婦は2人でいると、あらゆるジャンルのことで、それこそ女同士かよ!っていうほど、ずーっとおしゃべりしてることが多いです。


昨日の話題は、「わたし、運がいい(とくにセラピストとして)ということに気づいた」ということから。


なぜそんな話題になったかというと、

京都で講座をしていたんですが、ある友人がその「足ほぐし手ほぐしセラピー」の講座を受けてくれました。


彼女との出会いは10年前、ap bank fesへの出店依頼からスタートします。

当時、ap bank fesにはリラクゼーションブースがなく、足湯のスペースができるので、その足湯と連動したブースを作りませんか?と相談されたのがきっかけです。


この足湯を出されていたのが長野の渋温泉の青年部であり、この青年部のみなさんとの出会いをきっかけに、また、渋響や音泉温楽へのお付き合いをさせていただいたり、いろいろな出会いをいただきました。


ap bank fesではハグモミのワークショップもさせていただいたり、そのあと、また別の友人のご縁でap bank meets 福しまでも、ワークショップをさせていただいたりして、なにかとお世話になってきました。


わたしは、セラピストとしてはちょっと変わった活動ばかりしてきたタイプなので、

何事も、始める大変さはありましたが、

支援し、手伝ってくれる仲間に恵まれ、こうして年月を重ねてまた新しい関係を重ねていく、そのことがとてもありがたいなあーっと、しみじみ感じたのです。


そして、今まで関わらせていただいた仕事のひとつひとつが、普通のセラピストではあまりやらないような、不思議でユニーク、わたしにしかできないような、とても素敵な体験ばかりだということにも気づきました。


今だって、美しく気持ちのいい施術スペースが2つ(もうすぐ3つ…)もあって、才能のあるセラピストさんに使ってもらえたりもする。

その京都のスパでは、これまた才能のある(園芸の)夫が、わたしのために植えてくれたバラが花を咲かせ、こうして新幹線で宴会してる…


なんだかセラピストとして、というところからは離れてしまった感もありますが、笑


いろんなことに感謝したくなってしまい、笑

「わたしって運がいい」と口に出してしまったというわけです。めずらしい!

こんなこと言うなんてめずらしい!わたしが!

と、ちょっと高まってしまってますが…



いろいろな選択や、自分のビジョン、感情がある中で、やむをえず途絶えた関係もありますが、そういうことだって、いま思えば貴重な過去だと思います。


「わたしって運がいい」と夫に言うと

「運がいい人の特徴って何かわかるか?」と言われたのですが…


わかりますか?




それは、「わたしって運がいい」と言えることだそうです。


人間って、ネガティブなことのほうが記憶に残りやすいらしいです。

でも、ネガティブなことをたびたび思い出していると、良かったことが思い出せなくなってしまう…そうすると、ネガティブな自分が当たり前になり、ますますネガティブに…

という傾向があるみたい。


わたしは、スーパーポジティブな人間でもないですが、仲間と、あと、直感に恵まれてるなあーと、ほんとにその部分は運がいいなーっと、しみじみ感じます。



この気持ちを脳にしみこませて、いつでも思い出せるようにしておこう…そう思います。

90歳になっても、この幸せや安心感を感じていられるように。


Nagisa GOTO Teshima.




135回の閲覧